少年野球で思ったこと③ 家族の時間を大切に

シェアする

スポンサーリンク
ヘンリー 発生さん
子どもだけではなく、親御さんも苦労しますよね
始皇帝さん
うむ。早朝からの準備もあるし、車移動の場合は親御さんの車を出動させる必要があるし、ほんとに大変なんじゃ。

生活が野球中心の生活に

始皇帝さん
野球中心とは大げさかもしれんが、土日遠征する場合は準備も必要じゃし

ヘンリー 発生さん
兄弟も連れて行く場合、ちょっとした旅行レベルですよね

始皇帝さん
ワシもそうした日々を送っておったのじゃが、ふと思った。
子どもに発症しやすい「チック症」。どういう症状なのか自分の経験と共に書きました。

「家族と過ごした時間は・・・」

始皇帝さん
もちろん野球は楽しい。しかし土日はざっくり言うと「野球をした」ということ。つまり家族との交流が希薄になっていると感じたのじゃ

ヘンリー 発生さん
なるほど、野球チームに入る前は休日は家族と過ごしてたけど、それが野球にすり替わったということですね。

始皇帝さん
中学になると部活で休日はほぼ潰れる。小学生の休日はある意味とても貴重なものなのじゃ。

ヘンリー 発生さん
小学生にしかできないようなこともありますしね

始皇帝さん
べつに野球をやるなと言っているわけではない。ただ貴重な家族との時間を無駄にして欲しくないとの思いがあるんじゃ。

ヘンリー 発生さん
最近真面目なこと言ってますね。どうしたんですか?

罵声、体罰、、、上手くなって欲しいという指導者の熱意が思わぬ方向に。野球離れも深刻化する中、野球経験者が語る。




シェアする

フォローする