トランプ政権の良い点(イスラム国・北朝鮮)

シェアする

スポンサーリンク

〈これは独断でトランプ政権の良い点をちょっとだけ探してみたというものです〉

トランプ政権の挙げた成果(海外)

ヘンリー 発生さん
今度は外に目を向けるというものですね。色々ありましたもんね。
始皇帝さん
うむ、まずはこれじゃ

IS(イスラム国・過激派組織)

ヘンリー 発生さん
日本人も犠牲になりましたよね。

始皇帝さん
テロ行為によって多くの方が亡くなったのう。

ヘンリー 発生さん
しかも、イスラム教に対しての誤解も広がってしまい、イスラム教徒は気の毒でした。

始皇帝さん
戦場カメラマンのこの方もTwitterでこう述べていた。

ヘンリー 発生さん
当時は勢力を拡大させていましたね。
始皇帝さん
ここでイラク・シリアの勢力図を見て欲しい。(ネットの情報なので参考程度に)

ヘンリー 発生さん
うわ!もう大乱闘じゃないですか!!
始皇帝さん
このような状況を見たトランプさんは決意した。 

ヘンリー 発生さん
ロシアと協力し、ISの領域支配をなくそうとしたのですね。 
始皇帝さん
そして今年の7月9日、先ほどの戦場カメラマンの渡部陽一さんは、 

始皇帝さん
ISの勢力が衰えていることを報告したのじゃ。まだイラクやシリアは不安定な状況が続いておるが、ISの領域支配を縮めたことは大きい。




北朝鮮

ヘンリー 発生さん
去年は幾つものミサイルが発射し、その度に「Jアラート」が鳴るという異様な状況でしたね。 
始皇帝さん
しかも、あわや大惨事になった出来事もあったのじゃ。

ヘンリー 発生さん
スレスレじゃないですか! 

始皇帝さん
多くの住民が不安に怯える日々を過ごしていたのは間違いない。

始皇帝さん
その後トランプ政権は経済制裁や軍事的圧力を強めていき、今年の6月12日、

始皇帝さん
米朝首脳会談がシンガポールで行なわたのじゃ。

ヘンリー 発生さん
歴史的な出来事でしたね

始皇帝さん
トランプさんの当選も予想していた数少ない国際政治学者の藤井厳喜さんは、自身の著書で

トランプ政権が強烈な経制裁と軍事的圧力で北朝鮮をここまで追い込んだので、北朝鮮としても非核化を受け入れざるを得ないという一大決断をしたのである。金正恩は自らのサバイバルと金王朝体制の存続のためには、このような大胆な妥協もやむを得ないとして受け入れたのだ。トランプ外交の大勝利だと言えるだろう。
米朝サミットの様子を見ると、トランプが非常に丁寧に、金正恩のメンツを立てていたことが印象的であった。金正恩としては、世界の超大国アメリカの大統領と対等に交渉する堂々たる姿を見せることが今回のサミットでは何より重要であった。それは国内向けであると同時に、国外向けでもある。「ならず者国家」の胡散臭い指導者ではなく、堂々たる国家の堂々たる指導者としてアメリカ大統領と対等の立場で交渉する。あるいはその交黈渉する姿を世界に見せることが金正恩には格別に重要であった。トランプはこのことをよく理解した上で、北朝鮮の若い指導者のメンツを立てるべく、万全の配慮をしたと言えるだろう。
(引用:『国境ある経済の復活ー世界貿易戦争で敗北する中国とドイツ』藤井厳喜 徳間書店 2018)

ヘンリー 発生さん
さすが元ビジネスマン。緊迫した両国間とは対照的に和やかな雰囲気を作っていたのですね。

ヘンリー 発生さん
ただ、あまり進展はないような気もしました。ただ会っただけというか。。。

始皇帝さん
メディアもそう報道しておったな。その意見に対しても藤井さんは

たとえ具体的なスケジュールがある程度具体的にどう進めるかは、今後の課題である。决まっていたとしても、それは今回の合意文書で書くべき性質のものではない。そんなことをしたら、北朝鮮の指導者のメンツが失われるだけである。トランプ大統領も直接言っているように、今後の具体的なスケジュールはポンペイオ国務長官北朝鮮の高官の間で決定してゆくことになるだろう。
(引用:『国境ある経済の復活ー世界貿易戦争で敗北する中国とドイツ』藤井厳喜 徳間書店 2018)

ヘンリー 発生さん
会っていきなり、「はよ核兵器捨てろや!!」と怒鳴るより、今後のスケジュールの大枠を決め、あとは別の人に任せるとする方がスムーズですよね。
始皇帝さん
ちなみにトランプ大統領やアメリカ政府のツイッターでは現況を把握することができるぞ。

トランプに立ちはだかる人身売買組織とは?

あまり報じられていませんが、トランプさんは人身売買組織の取り締まりを強化しています。そのことについて書きました。

幼い子どもだちを狙う「ペドファイル・リング」問題。長い間野放しにされたこの問題にトランプ大統領は命懸けで撲滅に取り組む。

シェアする

フォローする