【夏期講習】授業は取り過ぎるな! 

シェアする

スポンサーリンク

ヘンリー 発生さん
長期休みというのは、ライバルに差をつける絶好のチャンスですよね

始皇帝さん
そうじゃ。だが一つ注意してほしいことがある。

授業は取り過ぎるな!自習時間の確保を!

始皇帝さん
夏休み等の長期休みは自分の受けたい授業を選択するというところが多い。
始皇帝さん
英語なら長文読解、英作文、文法などジャンルが様々なので、ついつい取り過ぎてしまうのじゃ。
ヘンリー 発生さん
あれもこれもってなるわけですよね
始皇帝さん
しかし授業を受けただけでは意味が無い。その後の復習が大事なのじゃ。
ヘンリー 発生さん
授業受けて満足ってのが悪いパターンですね。

そこで起こった不思議な現象

ヘンリー 発生さん
もちろん予備校の職員は生徒さんに「この授業取った方がいいよ~」と宣伝しますよね?
始皇帝さん
そうじゃな。そのためのガイダンスも行なっていたしのう。
始皇帝さん
でもここで、面白いことが起きたのじゃ。
始皇帝さん
夏期講習を宣伝する予備校職員がいる一方、講師は学生が授業を多く選択して自習時間が確保できないことを危惧して、あまり取り過ぎないように呼び掛けていたのじゃ。
ヘンリー 発生さん
そうなんですか!職員は「授業を取ろう」、講師は「取り過ぎるな」と対照的な構図になったのですね!
始皇帝さん
もちろん授業を取ることも大事じゃが、それを頭に定着する時間も確保することも心がけていかんとな。

受験勉強を頑張っている高校生の皆さんへ

「どうしよう・・・浪人しようかな」と考えている生徒さんいませんか?

その考えは禁物です
浪人することはコストもかかりますし、

浪人すれば必ず成績が上がるわけではありません。

詳しい記事↓

浪人ってどうなの??成績上がるの?? 成績上がるのは少数であるワケとは。経験者が語る!!

まだ時間はあります。
最後の最後まで諦めずに頑張ってください。
浪人するかどうかは受験が終わった時に考えましょう。

シェアする

フォローする