幼児人身売買組織 ペドファイル・リングとは

シェアする

スポンサーリンク

みなさん、こんにちは。

今回は、あまり知られていないトランプ大統領のある取り組みについて、取り上げたいと思います。

トランプ大統領というとどうしても暴言王などの良くないイメージがありがちですが、

でも思いのほか、思いのほかなんですよ。

その前に。。。

ペドファイル・リングとは何や??

ペドフィリア(英: pedophilia)とは、幼児・小児(一般に10歳以下)を対象とした性愛・性的嗜好のこと。略して俗にペドと呼ばれる。類義語には小児性愛(しょうにせいあい)・小児愛(しょうにあい)・児童性愛(じどうせいあい)がある。思春期の子どもへの性的嗜好はエフェボフィリア(英: ephebophilia)という。ペドフィリアの性向を持つ人を、ペドファイルもしくはペドフィル(英: paedophile)という。

出典:ペドフィリアーウィキペディア・フリー百科事典

ペドフィリア・・・小児・児童を対象とした性愛・性的嗜好

ペドファイル・・・ペドフィリアの性向を持つ人

ペドファイル・リング・・・幼児誘拐・性的虐待の売春コネクション(犯罪ネットワーク)

日本ではあまり馴染みのないものですが、世界各地で多くの子どもが被害に遭っているのです。

こんなニュースが・・・

フィリピン人夫婦が逮捕されたという記事。自分たちの子どもに性的暴行をし、その様子をライブ中継していたのです。

この他にも、子どもが殺害されてしまう事件も多くありました。

ネットで色々調べましたが、出てくる記事も画像もショッキングで、思わず目をそらしてしまうほどでした。

権力者が多く関わっている・・・

ペドファイル・リングについて書かれている記事を見つけました。

ペドファイル・リングの問題は根深く、権力者との癒着も指摘されている。こうした説を陰謀論だとする声がある一方で、癒着を裏付けるような被害者の告白もある。

2014年、「An Open Secret(公然の秘密)」というドキュメンタリー映画が公開され、物議を醸した。これは、ハリウッド業界内で行われている少年への性的虐待の事実を明らかにしたものだ。

同作品では、プロデューサーや投資家から実際に性的虐待を受けていたという元子役の男性が、当時の様子を描写する。断れば仕事がなくなるという状況の中、少年たちは大人に相談することもできず、苦しみを隠した。10代前半の少年が60歳を超えた男性に性的虐待を受けるなど、信じがたい行為が当然のように行われていたという。

一部引用:「メディアが報じないトランプの仕事 人身売買ネットワーク撲滅に尽力」

世界的に大きな影響を及ぼす大問題でありますが、メディアはあまり報じていません。

おそらく、自分たちの都合の悪いことが世の中に発信されないように圧力をかけているのです。

トランプ政権になって変わり始めた

トランプ大統領は幼児虐待・人身売買を繰り返す「ペドファイル・リング」の撲滅に本腰を入れました。

トランプ氏の大統領就任から2カ月の時点で、ペドファイル・リングに関連して、すでに1500人ほどが逮捕されている。これは、オバマ政権下の2014年に逮捕された約400人の3倍以上の数だ。

トランプ大統領就任後の1月末には、カリフォルニアで人身売買組織が摘発され、474人もの逮捕者が出た。児童28人と成人27人が救出されたという。

引用:「メディアが報じないトランプの仕事 人身売買ネットワーク撲滅に尽力」

トランプ政権の二ヶ月の逮捕者がオバマ政権の一年の逮捕者を上回るって、脅威のスピードですよね。

それだけトランプ大統領の取り締まりの意識の高さがうかがえます。

あまり知られないトランプ大統領の覚悟

しかしこれをよく思わない都合の悪い人々がたくさんいます。そして根拠のないトランプ大統領の悪い噂を流したりしてイメージ操作を図り、トランプ大統領をなんとか引きずり降ろそうとしています。

そして暗殺のリスクもあります。

この「ペドファイル・リング」への取り組み以外にも、長年ほったらかしにされた問題が多く残っています。トランプ大統領はこれらを見逃さず一気に取り締まろうとしています。命を懸けて。

今日は命を懸けて悪の根源をなくしていくトランプ大統領のお話でした。

トランプ政権をもっと知りたいなら

こちらの本をおすすめします。2017年の本なのですが、トランプ政権の基本方針や人事について分かりやすく書かれています。

作者はトランプさんの大統領選挙の当選を的中させた数少ない学者です。

日米対等 トランプで変わる日本の国防・外交・経済(祥伝社新書)

メディアの予想に反し大統領となったトランプさんの成果を独断でまとめてみました。

シェアする

フォローする

コメントの入力は終了しました。