日本は世界4位の移民大国 

シェアする

スポンサーリンク

どうも、こんにちは。

皆さんは日本には移民がどれほどの人数がご存じですか??ほかの国に比べて、少ないイメージがあるという方が多いと思います。

でもね、思いのほか、思いのほかなんですよ(謎)

日本は移民大国だった・・・

ちょいと前の記事なんですけどね。

まあドイツが飛び抜けて多いのは前からそうですね。

上位の国との差はかなりありますが、日本にもそれなりにいると感じていて4位というのは驚きでした。

じわじわと増え続けています。

ジャーナリストの有本香さんが分かりやすく解説をしています。

一方、政府は新たな外国人労働者受け入れへ・・・

単純労働の外国人を受け入れるというものです。今までは外国人の単純労働は禁止していたんですよね。

その代わり、「技能実習制度」などがありました。

日本の技術を学んで海外からやって来て学んで自国の労働に活かすというような制度です。

現実は人手不足解消の手段として扱われたり、ずさんな労働環境、しまいには職場から逃げて高い収入の仕事に移ったり、ずっと日本に住みついたり、不法行為が相次いで起こりました。

にもかかわらず、政府がそういう政策を進めようと検討しているのです。

皆さんはどうお考えですか??

もちろん人手不足が解消されれば、企業もうれしいでしょうし、特に建設系はこれから東京オリンピックにむけて様々な開発があるのでね。

しかし長期的に見ればどうなのかなあと思ったりもします。

単純な仕事はこれからもどんどん機械化されます。それによって人がやる分野は限られてくるのではないでしょうか。

他にも社会保障面など日本の制度も見直す必要もあるでしょう。

一番移民を受け入れているドイツでも犯罪率が悪化し、移民受け入れを制限する形に転換するという報道もありましたしね。

別に移民はだめだ!と言っているわけではありません!!

しかし今の日本の状況がどうなのかが重要です。今受け入れて日本は大丈夫なのか。

この件についてはこれからの展開に注目したいと思います。

シェアする

フォローする

コメントの入力は終了しました。