ムンクとはこんな人です。

シェアする

スポンサーリンク

はじめまして、大学生のムンクと申します。

ムンクはこんな人です。

  • 些細なことまで心配してしまう
  • 過去の出来事を思い出しては悔やみ、自己否定
  • 完璧主義が自分を苦しめる
  • 人混みや騒音で疲労困憊
  • ひとりでいる時間が必ず必要
  • 他人の欠点、思っていることが何となく分かっちゃう

些細なことまで心配してしまう

「テストでいい点取れなかったらどうしよう」とか

「クラスメートと仲良くなれるかな」と心配になることはもちろん、

他にも些細なことにまで心配していました。

小学校の始業式の前日、準備をしようとしたところ、

「カバンで登校してもいいよ」と先生が行っていたのを思い出します。

しかし先生はサラッと口頭で伝えただけ。

自分も本当に先生が言っていたのかどうか確信が持てず、

ランドセルで行くべきかカバンで行くべきか悩んでしまいました。

他人からすれば、「そんなことで悩んでるの?笑」と思われてしまいますが、

本人はガチ悩み。

遂には「もしカバンで行ってみんなランドセルだったらどうしよう」と考え込んでしまう始末。

でも実際カバンで登校したら他の子もカバンだったりして、

とくに先生に怒られることもありませんでした。

このように、「些細なことであれこれ心配するんだけど実際はたいしたことはなかった」

っていうパターンを何回も繰り返していました(なお現在も)。

過去の出来事を思い出しては、悔やみ、自己否定

自分は浪人しています。

現役時代は偏差値が32ともやは人間かどうかも危ういレベル。

1年間東京の予備校に通って、それなりに勉強し、

偏差値も現役の2倍に伸ばしましたが、

本命の大学には行けず、泣く泣く滑り止めの大学へ。

「高校の同級生よりも上の大学に行ってやる」

この一心でがむしゃらに取り組んだだけに

悔しさというか、自分に失望したというか、、、

それを思い出しては「ああ、自分はこの程度の人間か」と気持ちが沈みます。

時には自分より偏差値の高い大学の友達と比べてしまいまた落ち込む・・・

何かの用事で本命だった大学に行った際も、「この大学に行ってたらなあ」とまた落ち込む・・・

リンク「フラッシュバックに悩むときは?」

このように自分にとってイヤな過去の出来事を思い出しては、酷く落ち込みます。

出来事に関係する場所や人を認知するとまた落ち込みます。

そして自分を責めたり否定してしまうのです。

人混みや騒音で疲労困憊

人混みやうるさいところに行くのが好きではありません。

新宿駅など主要な駅利用するとき、満員電車、満員の教室、

休日のショッピングモール、居酒屋、ファミレス、

また映画館やカラオケで暗い室内で明るい画面を見るのも苦痛です。

ひとりになる時間がほしい

友達と食事に行く・友達と遊ぶとき、一定の時間が経つとひとりになるたいと思い始めます。

気の合う友達と一緒にいたとしても同様です。

ひとりになる時間を得ることで、エネルギーを補充しています。

その「ひとりになる時間」の中身は自分独自というか、

趣味に没頭したり、自分のなかでやることが決まっていることが多いです。

この点がもしかしたら後ほど記述する完璧主義に通じるものがあるのかもしれないです。

ただ周りには自分とは正反対の「人と交流することでエネルギーを補充していく」人が多く。

あまり理解されなかったり、機嫌が悪いと勘違いされることもあります。

大人数が好きではないですし、周りに人がいるだけでもしんどい思いをします。

それが原因で内定辞退もしています。

こんにちは。 ムンクです。 要は、自分の気質や性格を理解せずに突き進んでしまったという話です。 内定直後 内定は3月に決まり...

完璧主義が自分を苦しめる

自分は不器用なので、0か100のスイッチしかありません。

無理なのに、すべてを完璧にこなそうとします。

よくあるのは、1日スケジュールを組むときです。

受験勉強や「ひとりになる時間」で計画通りに上手くいかなかったとき、

時間通りにタスクをこなすことができなかったとき、

神経質になったり、「自分はこんなこともできないのか」と責めることが多いです。

他人の欠点、思っていることが何となく分かっちゃう

他人と話したり、チームになって何かに取り組んでいる場合、

一歩引いたスタンスをとるので、

相手のちょっとした素振りや発言で気持ちを汲み取ってしまうことが多いです。

「Aさんちょっと納得いかなそうだな」
{Bさんの発言で、CさんとDさんはムカついてるな」

もちろんそれを上手く利用し相手を助けることに繋げることもできますが、

知らないふりをすることもあり、どんどん自分を装い結果ストレスになる。

変に気を遣って、他人に流される場面も多いです。

まとめ

代表的なものを書きましたが、

勝手にストレスを抱えて、勝手に生きづらい日々を送っています。

まだまだ気持ちの波が大きく、外出することもできないときもあります。

しかし、こういう時に支えられるのは、

「同じ悩みを抱えている人」なんです。

そういう方々がツイッターに多くいらっしゃることに気づき、

自分も色々悩んでいるけど、

自分の経験で皆さんを助けるものがあれば発信したいという気持ちが強くなりました。

今後も、皆さんに「生きづらさ」や「HSP」について、

発信していきたいと思うのでよろしくお願いします!

シェアする

フォローする